2004年06月12日

痒いところに足がとどく

kakikaki.jpg
アクロバティックな姿勢であごの下を掻くアーサー
写真のクリックで動画を再生(要Windows Media Player9)

それにしても、犬が痒いところを掻くときのパワーとスピードは、すごいものがある。目測によると秒速2.45回のスピードで足が高速回転している。
それにパワーがすごい。彼は時々、だっこをおねだりする。その際、僕の腕を前足でカリカリとやるのだが、それがけっこう痛い。爪により皮膚がひっかかれて白くなってしまうくらいだ。
そのパワーとスピードで掻くのだから、大丈夫だろうかと心配になる。
もし、人間なら皮膚は裂け、肉は飛び散り、骨が露出してなお、削れてしまうのではないか。
犬の皮膚は丈夫なのか、それとも自分の身体を掻くときは爪を収納しているのか。だとしたら、ずるい。
posted by アーサーチチ at 13:57| Comment(0) | 動画を見ることのできる話題はここ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。