2005年11月11日

182グラムのそれは手にズッシリとした重みを感じさせてくれた

CIMG2382.jpg

最近、少々太り気味のアーサー君はおからダイエットを遂行中。カロリーがないわりにはお腹に貯まるので、ドッグフードをおからで水増しした食事も本人は喜んで食べている(たぶん)。

しかし、おからのパワーはウンチにもその痕跡を色濃く残す。いつもは固くしまったウンチなのだが、おからを始めてからというもの、手にしっかりと重みを感じさせるちょっとやわかめのウンチをモリモリとする。
普段より水分を多く含んだそれは、薄い茶褐色の表面に朝日を反射させて鈍く光る。

で、先日彼は約40分の散歩の間2回に分けて、大量のウンチをした。あまりの量に思わず感無量になり、その重さを計測してしまった。なんと182グラムだ。
体重10キログラムのカラダから排出される182グラムのウンチ!

これはすごい! 人間に換算すると、体重70キロの人が約1.3キログラムのウンチをする計算になる。普段私は自分のウンチの重量を計測したことがないので、人間が排出するウンチの適正重量を知るよしもないが、1.3キログラムというのはやはりかなりのものであろう。

とはいえ、その多くは、おから成分が吸った水分であろうから、水増しはズルイぞ!という気もしないではないが、ここまで豪快な排泄行為を、涼しい顔でスルリとしてしまうアーサーを、ちょっと誇らしく思うのです。
posted by アーサーチチ at 22:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。