2006年04月04日

DNAに刻み込まれた記憶なのか

060404-1.jpg
060404-2.jpg
先日のドックショーで、アーサーの源流ともいうべき、ブリーダーのきよねパパと半年ぶりのご対面。
「これがおれの本当のオヤジ」ということを彼は原体験の中でしっかりと認識しているかのように、きよねパパに合うと狂喜乱舞する。その興奮ぶりは尋常ではない。
横で見ている私は、ちょっと唖然とするとともに、かすかなジェラシーの香りを鼻腔に感じるのだ。
posted by アーサーチチ at 10:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。